腎臓病向け 白いご飯に飽きたら…

2015年 8月 14日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 エネルギーアップ, 腎臓食 ごはん パン めん

管理栄養士の菜々子です。

白いご飯に飽きたら…
炒飯にしちゃいましょう。

炒飯のいいところは、
油を使って炒めるため、エネルギーアップになります。

ただし、塩分・たんぱく質が多いので、腎臓病向けにアレンジが必要です。

①タンパク質食品の具材は1つだけにする。
一般的に入れる、卵・チャーシュー・ハムなどから、どれか一つを選びましょう。
2つも入れると、タンパク質が多くなってしまいます。

②野菜をたっぷり入れて、ボリュームアップ。
ネギやキャベツなど、野菜を細かく切って、入れちゃいましょう。
私は玉ねぎやもやしをよく入れます。
歯ごたえ良くなるし、安いしね。

③味付けは薄めにする。
具材にチャーシューやハムを入れると、加工品なので、塩分が多くなります。
味のつけ過ぎに注意です。

特殊食品の低タンパクご飯の方も、炒飯にして、気分転換しましょう。
食べやすくなるし、エネルギーも摂れて、一石二鳥ですね。

「痩せないように‼︎」
私が腎臓病の方に、よく言う言葉です。
エネルギーアップの手段をいろいろ知って、体重を維持しましょう。

お試しください♪

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...