腎臓病の個別料理教室【お節料理①】

2014年 9月 7日
テーマ:過去の教室一覧

管理栄養士の菜々子です。
昨年末に行った料理教室をご紹介します。

以前、カフェを経営していたんですが、その時に相談の電話がかかってきました。
12月の初旬、そろそろ年末年始の準備だな~っていう時期でした。

「夫が腎不全で、タンパク質の制限があります。
毎年、お節料理はタンパク質が多いと思って、作らないようにしてました。
誰かからいただいたとしても、私か息子が食べて、夫は食べないようにしていました。
なんだか、かわいそうなのと、私たちだけ食べるのは申し訳なくて…
腎不全用にお節料理は作れますか?」

なるほど、確かに腎臓病の方には、お節料理はタンパク質も塩分もカリウムも多いので、病院では食べないように指導されるのが普通です。
私が病院で勤務していた頃は、「食べないでね」か「食べても1品を1口だけね」って指導していました。

これって、なんとも悲しい事です。
年にたった1回の行事なのに、家族内でお互いに気を遣って、いつも通り無難な食べ物に限定されてしまう。

でも、私はやり方しだいでは、お節料理を食べられると考えています。
病院の栄養指導は、世間一般のお節料理を想定しているから、限定されてしまうのでしょう。
そうではなく、腎臓病用にアレンジすれば何とかなるんじゃないか?!
実際、透析患者さん達にお節料理の料理教室をしてましたからね。

そこで、お問い合わせいただいた奥様の依頼をお受けすることにしました。
年末のカフェの休業日に、個別の料理教室のご予約をいただきました。
年末に一緒に作れば、お持ち帰りいただいて、そのままお正月に食べられると思ってね。

長くなりそうなので、続きは次回に。
腎臓病の個別料理教室【お節料理②】

 

 
メニュー・お問い合わせ

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    どうも☆彡ネットサーフィンしていたらここまでたどり着きました(´・ω・`)♡こういう風に色んな方と接点が取れる時代になってきましたね♡アメブロ歴は浅いですが今後ともよろしくお願いします(。・ω・)ノ゙★おじゃましました♡これからも更新頑張って下さいね^_^

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >えり@17歳でヨーロッパ30ヶ国制覇♡さん
    コメントありがとうございます。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...