腎臓病は飲み物って何でもいいの?

2016年 8月 20日
テーマ:【腎臓食のコツ】

管理栄養士の菜々子です。

飲み物って気にしたことありますか?
食事はもちろん、水分補給や、休憩時間に飲む物全てです。

1番の安全策は水です。

では、水以外のもので、飲んでも大丈夫??
これからは、成分や原材料も意識して、表示を見てみてください。

例①緑茶は葉っぱから抽出しているので、カリウムが含まれます。

例②牛乳は牛の乳なので、タンパク質が含まれます。

例③100%ジュースは果物から絞るので、カリウムが多くなります。

例④コーヒーはコーヒー豆から抽出しているのでカリウムが多く含まれます。

例⑤アルコールは血管の拡張・収縮に作用し、血圧に影響が出ます。主治医に相談してください。

じゃぁ、どうしたらいいの!?

もし、飲むなら、果汁の少ないジュースです。
果物のカリウムは少なく、糖質でエネルギーアップをねらえます。

ただし、単純糖質のため、血糖値が上がりやすくなります。糖尿病性腎症の方にはオススメできません。

市販のドリンクなら、栄養表示を確認して、タンパク質のないもの(0g)を選びましょう。

外でお茶をするなら、多少カリウムありますが、コーヒーか紅茶が、無難でしょう。
砂糖やガムシロップを入れれば、エネルギー補給になります。
ミルクはタンパク質があるので、ダメです。(安物のミルクだと植物性油脂かもしれません。)

それ以外の時は、お茶か水にしておきましょう。

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...