腎臓病向け 菓子折りはゼリーか羊羹!!

2016年 7月 31日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 おやつ

管理栄養士の菜々子です。

もうすぐお盆休みですね。
帰省したり、子どもさんと一緒におじいちゃんおばあちゃん家に行くなど、あると思います。

その時に、もし腎臓病の方々いたら、どんな手土産を持っていったらいいでしょうか?

もし、食べられない物をもらった場合、
腎臓病の方は、「食べられないものをもらったな」っと思っても、「せっかくいただいたのだから…」と、笑顔で受け取ります。
後日、家族が食べるか、ご近所さんにおすそ分けするなど、誰かにあげることになります。

それなら、みんなで美味しく食べられるような手土産・菓子折を用意しましょう。

それは、ゼリーか羊羹を選ぶのが安全策です。

ゼリーは、たんぱく質ゼロで、エネルギー補給になります。(果肉が入っていれば、多少たんぱく質やカリウムがありますが、微々たる量なので、気にしなくて大丈夫です。)

羊羹は、小豆を寒天で固めたもので、たんぱく質が少なくなります。

逆にNGと考えるものは、洋菓子全般です。
・スポンジ生地:小麦粉+卵なので、たんぱく質が多い
・カスタードクリーム:生クリーム+卵なので、たんぱく質が多い
・生クリーム:乳製品はたんぱく質が多い

和菓子でも、上記のような洋菓子に近いものはNGです。
例:どら焼き、カステラなど。

皆様、熱中症や夏バテに気を付けて、楽しい夏休みをお過ごしください( ´ ▽ ` )ノ

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...