「あれもダメ、これもダメ」って思っていませんか?

2016年 5月 16日
テーマ:【出張 サポート】, 【腎臓食のコツ】

管理栄養士の菜々子です。

病院の栄養指導を受けると、初めは「あれもダメ、これもダメ」って思ってしまいがちです。

それは腎臓の食事療法が、健康な時と、真逆の食事に変わるからでしょう。

健康な時
・何でも食べれる
・ヘルシー思考(低カロリー・油や砂糖控えめ)
こんな考え方の人が多いです。

腎臓病の食事療法
・高カロリー(油・砂糖多め)
・低タンパク質(おかず小さくする)
・減塩(薄味)

私が関わってきた方々の多くは、頭の中で混乱し、「あれもダメ、これもダメ」と思ってしまい、食事量を減らしてしまいます。

その結果、体重が減って、主治医や管理栄養士に、もっと食べて体重を増やすよう指導されます。
体重が減ると、筋力や免疫力が下がるために、身体がダルイ…ってなるわけです。

私のサポートを受けて、よくよく食事療法を知ってみると、「な~んだ、食べれるじゃん♪」って言われる方が多いです。

本当に「あれもダメ、これもダメ」なのか確認してみませんか?

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...