腎臓病で高カリウムの人はゆでこぼしをしましょう

2014年 6月 27日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 カリウム対策

管理栄養士の菜々子です。

 

腎不全や透析の食事では、カリウムを減らす工夫が2つあります。

その1つが、『茹でこぼし』という下処理です。

もう1つが、『水にさらす』という下処理です。  →水にさらす方法はコチラ

 

カリウムという成分は、細胞の中に必ずいます。

動物性食品にも、植物性食品にも、もちろん人間の細胞にもいます。

水に溶ける性質があるので、水と触れさせれば、水の方へ移動します。

 

カリウムを減らすには、

①細かく切って、細胞を表面に出すこと

②表面に出た細胞を水に触れさせること

を意識しましょう。

基本的には、全ての植物性食品(野菜・芋類・海藻類)で行います。

 

〈茹でこぼし方法〉

1.食材を細かく切る

2.沸騰した鍋に入れる

3.食材に火が通ったら、湯を捨てる

4.通常の調理へ…

★繊維の多いものや、芋類はカリウムが抜けにくいので、数回行うのが理想的です。

例:タケノコ、れんこん、山菜など

 

火にかけられない食材は、水でさらす方法をしましょう。

 
メニュー・お問い合わせ

コメント

  1. SARA より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ拝見させて頂きました☆彡見ただけで帰るのもなんか違うような気がしたのでコメ残していきます(*´ω`)次回も見に来ますね!頑張ってくださいね!では~(=゚ω゚)ノ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >SARAさん
    コメントありがとうございます。
    見に来ていただけるよう、経験したことをいろいろと、ボチボチ書いていきます‼︎

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...