夏はやっぱりそうめん!腎臓食ではどうする?

2015年 8月 9日
テーマ:腎臓食 ごはん パン めん

管理栄養士の菜々子です。

夏はやっぱりそうめんやざるそばでしょ。

冷たくツルツルっと、喉越しがいいですね。

これを腎臓食向けに考えてみましょう。

そうめんやそばは穀類で、炭水化物が主な栄養素です。
タンパク質は少なめなのでいいですね。

エネルギーはありますが、多いとは言えません。

そうめん  乾1わ(100g)あたり
エネルギー 356kcal
たんぱく質 9.5g
炭水化物  72.7g
塩分    3.8g(ゆでれば0.2gになります)

そうめんやそばは単体で
食べることが多く、
エネルギー不足になりやすい
のが特徴です。

おかずに揚げ物を取り入れ、
油でエネルギーアップしましょう。

野菜の天ぷらやフライがいいです。

それから、めんつゆは塩分が多いです。
蕎麦湯で割って、最後まで飲み干すのは厳禁‼︎

めんにベッタリ浸けるのではなく、浸すのは半分くらいにして、サラッといただきましょう。

<<高カリウム血症・カリウム制限がある方へ>>

そばはカリウムがとても多いです。
そばはやめておきましょう。
白い麺(そうめんやうどん)は大丈夫です。

夏の料理をお楽みください♪

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...