腎臓食で土用の丑の日

2015年 8月 5日
テーマ:腎臓食 肉・魚, 腎臓食 行事食

管理栄養士の菜々子です。

毎日暑い日が続きます。
熱中症に、お気をつけくださいね。

さて、土用の丑の日といえば、ウナギ‼︎
今年は2回あるようで、
7月24日と8月5日です。

ウナギは召し上がりましたか?

ウナギを腎臓食用に考えてみましょう。

ウナギは脂がのっているので、
その分タンパク質は少なめです。

ですが、タンパク質はゼロじゃないので、量に注意が必要です。

スーパーで売ってる1尾は、およそ180gです。
<蒲焼き1尾180gあたり>
エネルギー 527kcal
タンパク質 41.1g
塩分 2.3g

(食品成分表より)

ご自身の指示量に合わせて、
食べるサイズを考えましょう。

もし、タンパク質の指示量が40g/日なら、ウナギだけで、1日分が終わってしまいますね。

他にもごはんも食べるますので、
この1食でタンパク質を10gにおさめたいなら、1/5切くらいになります。

事前に食べるとわかっていれば、前後の食事でタンパク質を調整し、この1回にボリュームを持ってきてもいいでしょう。

それでも、ボリュームが少ないと思えば、二色丼にするのもいいですね。
お野菜でボリュームを補います。

それから、蒲焼きはタレが塩分多いです。
スーパーで買う市販のウナギには、タレが付いています。
このタレを使わないようにするか、表面に薄く塗る程度にして下さい。

夏の行事食をお楽しみ下さい♪

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...