腎臓病にはマヨネーズが強い味方

2014年 8月 11日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 エネルギーアップ

管理栄養士の菜々子です。

腎臓病になると、高カロリーのお食事を勧められます。
三大栄養素のタンパク質にはカロリーがあります。
しかし腎臓病になると、そのタンパク質を減らす食事になる。
ということは、カロリーも減ってしまいます。
だから、腎臓病の人は炭水化物と脂質でカロリーをしっかり摂りましょう、と言われるのです。

カロリーが減ると、身体にとって困ることがいくつか起きますが、それはまた今度。

今回はカロリーを補う手段の一つとしてマヨネーズをオススメします。
マヨネーズは、、酢、卵からできています。
タンパク質の卵も入っていますが、微々たるもんなので、とりあえず気にしないでおきましょ。
(ここまで気にしてたら食べる物なくなっちゃいますからね^_^)

そして、マヨネーズは塩分がとっても少ない‼︎
これは使うしかないでしょ‼︎

マヨネーズには油が入っているのでカロリーを摂りやすいのです。
何に使いますか?
悩むことはありません、マヨラー並みに、何にでも使っちゃいましょう‼︎
いくつかご紹介します。

①サラダ
ドレッシングよりもマヨネーズです。

②和え物
マヨネーズ和えですね。
家族はほうれん草のお浸しでも、あなたはほうれん草のマヨネーズ和えです。

③炒め物
フライパンに油をひく代わりに、たまにマヨネーズにしてみてください。
ちょっとコクのある炒め物になります。

④万能タルタルソース
便利なのが、タルタルソース‼︎
焼き魚にのせてもよし、お肉を焼いても上にはタルタルソース。
コロッケなどのフライにはベストパートナーになれます。
玉ねぎのみじん切りとマヨネーズを混ぜて、冷蔵庫に常備しておきましょう。

⑤チーズのかわり
タンパク質の多いチーズのかわりに、マヨネーズで代用しましょう。
ピザ、グラタン、トーストなど

1日1回くらいマヨネーズ料理を使うと、エネルギーアップしやすくなりますよ。
レシピは、おいおいご紹介していきますので、お楽しみに。

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...