【減塩の工夫】香りを活かす

2014年 6月 21日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 減塩
管理栄養士の菜々子です。

 

塩分を減らす工夫はいくつもあります。
その中で、今回は「香りを活かす減塩法」についてご紹介します。
減塩をする方は、ぜひ取り入れましょう。

 

 

人は味と香りで美味しいと感じます。
なので、香りがしっかり付いていれば、味が(塩味)薄くても、美味しく食べられます。
香りを付ける方法をいくつか紹介します。

 
①香辛料(スパイス)・香味野菜

香辛料は日本以外にも、世界各国に存在します。
◇香辛料:こしょう、カレー粉、唐辛子、洋辛子(マスタード)、わさび 等
◇香味野菜:しそ、みょうが、ねぎ、しょうが 等

 
②その他の香りがある食材

ごま、鰹節、のり、ナッツ類(アーモンド、くるみ等)、ごま油、ハーブ 等

 
③(香ばしい)香りを付ける調理法

◇焼く:素焼き、炭火焼き、炒め物、ソテー等
◇揚げる:天ぷら、フライ 等

 

これらの食材や調理法を活用すると、塩分の多い塩やみそ、しょうゆ、タレ等を少なくしても、美味しくいただけます。

 

お試しください。
 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...