煮物で減塩にするコツ①

2014年 6月 19日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 減塩

管理栄養士の菜々子です。

煮物の多くはしょうゆを使います。

煮物を作る時に、醤油をドボドボ…と適当に入れて、食材に味が染みるまで、グツグツと煮詰めていませんか?

腎臓病の方、減塩をする方には要注意です!!

しょうゆは塩の次に塩分の多い調味料です。
大さじ1杯=塩分1g
喉の渇き、血圧上昇を抑えるために、塩分は減らす工夫が必要です。

煮物を美味しく、しかも塩分を控えめに作る方法が3つあります。
①しょうゆの味付けは火を止める直前。
②出汁をきかせる。
③香りを活かす。

 

今日はその中から1つご紹介します。

 

【しょうゆの味付けは、火を止める直前。】
しょうゆ以外の酒や砂糖などは食材と一緒に煮ておきます。
しょうゆだけは最後に入れて、食材にからめるようにするとよいのです。
食材の表面に味が付いていれば、充分美味しく食べられますよ。
しょうゆの量も通常の半分以下で大丈夫。

 

お試し下さいませ~♪
 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...