【腎臓食レシピ】きんぴらごぼう

2014年 6月 18日
テーマ:腎臓食 カリウム対策, 腎臓食 減塩, 腎臓食 野菜

管理栄養士の菜々子です。

「きんぴらごぼう」を作る時に、腎臓病用にアレンジする方法をご紹介します。

ごぼうは固い食材です。

固いってことは、細胞壁も丈夫で、カリウムが抜けにくいということです。

なるべく細く、細かく切って、切り口の細胞をたくさん表面に出すようにします。
さらに茹でこぼしを必ず行いましょう。

 

ごま油を多めに使えばエネルギーアップになります。

 

【腎臓食】きんぴらごぼう

<材料>(4人分)
ごぼう・・・・・・・2本
人参・・・・・・・・1本
ごま油・・・大さじ2
出汁・・・・・100cc
砂糖・・・・大さじ1
しょうゆ・・大さじ1
七味唐辛子・・・・少々
ごま・・・・・・・適量

 

<作り方>
①人参とゴボウは、細切りにする。
②沸騰した湯で、食べられる固さまで茹でこぼしする。
③フライパンにごま油を敷き、②を入れて炒める。
④出汁と砂糖を入れ、水分がとぶまで煮詰める。
⑤しょうゆと七味で表面に味をからめて、火を止める。

 

<調理のポイント>
カリウム対策:人参とごぼうを茹でこぼしする。
エネルギーアップ:ごま油をたっぷり使う。
減塩:しょうゆは火を止める直前に入れて、表面に味をつける程度にする。

 

<1人分の栄養量>
エネルギー:102kcal
タンパク質:1.5g
カリウム:220mg
リン:44mg
塩分:0.7g

 

お試しください。
 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...