おやつはせんべいでしょ!!

2016年 6月 29日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 エネルギーアップ, 腎臓食 おやつ

管理栄養士の菜々子です。

腎臓病の食事療法で、エネルギーアップのために、おやつは大事です。
では、どんなおやつを選んだらいいのでしょうか?

選ぶポイント
①たんぱく質が少ないもの
②糖質が多いもの
③脂質が多いもの

たんぱく質がゼロのおやつは、飴やゼリーです。
これらは、糖質中心になります。
しかし、血糖値が気になる方がいると思います。

そんな時は、材料が米から出来ているものが一番!!
お米だと、タンパク質が少ないです。
同じ糖質でも、お米はでんぷんが多いので、血糖値の上昇が緩やかです。

お米系のおやつ
・せんべい
・あられ
・団子 など

今回はおせんべいについて。

おせんべいには、焼きせんべいと揚げせんべいがあります。
どちらを選んでもいいですが、エネルギーアップしたいなら、揚げせんべいをオススメします。

比較してみましょう↓↓↓

揚せんべい 1枚当たり
エネルギー:39.8kcal
たんぱく質:0.2g
塩分:0.2g


焼きせんべい 1枚当たり
エネルギー:25kcal
たんぱく質:0.2g
塩分:0.2g

揚げせんべいにすることで、脂質でエネルギーアップできます!!

他に、ざらめせんべいもあるので、参考までに載せます。

焼きせんべい(ざらめ付) 1枚当たり
エネルギー:37kcal
たんぱく質:0.5g
塩分:0.2g

【要注意】
せんべい・あられ系は塩分が多いです。
1日の塩分量におさまるように、栄養表示を見ながら、気をつけましょう(*^^*)

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...