【腎臓食レシピ】ハンバーグ

2015年 7月 7日
テーマ:腎臓食 低たんぱく質, 腎臓食 肉・魚

管理栄養士の菜々子です。

いろんな肉料理がある中で、
腎臓病の基本と言えるハンバーグをご紹介します。

なぜ基本かというと、エネルギーアップになるから。
挽肉は、赤身と脂身が1:1くらいと考えられます。
そのため、エネルギーが多く、タンパク質が少なくなります。
ひき肉料理を活用しましょう!

さらに、ボリュームを多く見せるには、野菜も一緒に混ぜ込むことです。

では、作り方いってみよう‼︎

【腎臓食向け】ハンバーグ
<材料>(2人分)
・合挽き肉・・・・・・・100g
・こしょう・・・・・・・・・・少々
・玉ねぎ・・・・・・・・・1/2個
・油・・・・・・・・・・・・大さじ1
・パン粉・・・・・・・・大さじ4
・ケチャップ・・・・・大さじ1
・ウスターソース・・大さじ1

 

<作り方>
1.玉ねぎをみじん切りにし、水にさらす。
2.フライパンに油をひいて、玉ねぎを透明になるまで、炒める。
3.挽肉にこしょうをふり、粘りが出るまでしっかりこねる。
4.③に炒めた玉ねぎと、パン粉を入れて、混ぜ合わせる。
5.空気を抜くようにたたきながら、小判形にする。
6.熱したフライパンで、⑤の真ん中を凹ませて、両面焼く。
7.竹串等で挿して、中から赤い肉汁が出なければ完成。
8.ハンバーグを皿に盛り、フライパンに残った肉汁でソースを作る。
9.ケチャップ・ソースを入れて火にかけ、煮立ったら火を止める。

 

<ポイント>
・ボリュームアップ:玉ねぎを多く入れる。
・たんぱく質対策:パン粉には牛乳を浸さない。
・塩分を減らす場合は、ウスターソースをなしにして、ケチャップだけでソースを作る。

 

<1人当たりの栄養量>
エネルギー:223kcal
たんぱく質:10.9g
カリウム:276mg
塩分:1.2g

 

お試し下さい。

 

 
メニュー・お問い合わせ

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    アドバイザーkeiという者です(^_^)v 検索した結果でたどり着きました。・ω・)ノ゙また、よろしくお願い致します♪ヾ(@^▽^@)ノ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    便秘の改善を目的としたアドバイザーをしているKという者です( ̄▽ ̄)=3記事ネタ探しに検索したら、ヒットしたので来てみました(*^▽^*)また、ブログ訪問しますね♪ヽ(゚◇゚ )ノ

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >快便・開運アドバイザー Kさん
    検索でたどり着いてくださり、ありがとうございます。
    検索に出てくるんだ☆と思って、嬉しくなりました。
    いつでもお越しください。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...