【腎臓食レシピ】ほうれん草のお浸し

2017年 1月 18日
テーマ:腎臓食 カリウム対策, 腎臓食 減塩, 腎臓食 野菜

管理栄養士の菜々子です。

先日、お弁当のおかずを、ほうれん草のお浸しにしたのですが、
「腎臓病食なら、どう考える?」
って思いながら、作ってみました。
↑↑↑職業病ですね(笑)

ほうれん草のお浸し

〈材料〉(2人分)
・ほうれん草・・・・・・1/2束
・しょうゆ・・・・・・大さじ1/2
・かつお節・・・・・・お好み

 

〈作り方〉
①ほうれん草を3〜4cmにざく切りにする。
②たっぷりの湯に茎・葉の順に入れ、ゆでこぼしをする。
③ザルにあけ、冷水で急冷する。
④水気をよくしぼる。
⑤食べる直前にしょうゆとかつお節で和える。

 

〈ポイント〉
・通常は、切らずに茹でるが、カリウム対策のため、3〜4cmに切ってゆでこぼしをする。
しょうゆは塩分が多いので、食べる直前に和えましょう。時間がたつと、塩分がほうれん草にいっぱい染み込みます。

 

〈栄養量〉
エネルギー:16kcal
タンパク質:1.7g
カリウム:263mg
塩分:0.6g

お試しくださいませ。

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...