【腎臓食レシピ】お好み焼き

2015年 3月 22日
テーマ:腎臓食 エネルギーアップ, 腎臓食 肉・魚

腎臓病食専門の管理栄養士 菜々子です。

無性に食べたくなって作ったお好み焼き。
それを先日、腎臓病向けに良いと思って、ブログに書きました。
腎臓病でお好み焼きはどぉなの?

今日は、改めてお好み焼きレシピをご紹介します。

【腎臓病向け】お好み焼き

 

〈材料〉(4人分)
豚肉バラ ・・・・8枚(80g)
キャベツ ・・・・・・・1/4玉
小麦粉・ ・・・・・・1カップ
水・・・・・・・・・・・2カップ
油・・ ・・・・・・・・・・・適量
ソース・・・・・・・・大さじ1
マヨネーズ ・・・大さじ2
青のり・・・・・・・・・・適量
かつお節・・・・・・・適量

 

〈作り方〉
①キャベツは太めの千切り。
②ボールに小麦粉と水を入れ、ザッと混ぜる。
(混ぜすぎるとモッチモチの硬い生地になるので注意‼︎)
③①のキャベツを②のボールにいれ、ザッと混ぜる。
④フライパンに油をたっぷりしく。(エネルギーアップ)
⑤鉄板があたたまったら、③を丸く乗せる。
⑥豚バラを適度な大きさにきり、⑤の上にのせる。
⑦蓋をして5分程度(生地の底をのぞいて見て、こんがり焼けるまで)で、ひっくり返す。
⑧両面焼いて、皿に盛る。
⑨塩分の多いソースは大さじ1杯程度まで、マヨネーズはエネルギーアップのため、大さじ2以上塗る。
青のり、鰹節はお好みでトッピングする。

 

〈ポイント〉
・肉は、脂身の多いバラ肉にする(低たんぱく質・エネルギーアップ)
・トッピングのマヨネーズは、たっぷりかけましょう。(エネルギーアップ)
・ソースは控えめに(減塩)
・生地の中に本だしなどの塩分の多い調味料は入れません。(減塩)

 

〈1人当たりの栄養量〉
エネルギー:280kcal
たんぱく質:6.5g
カリウム:203mg
塩分:0.5g

 

お好み焼きは、ホットプレートでもできます。
ご家族や友人とワイワイしながら食べられますね♪

 

お試しください。

 

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...