【腎臓病レシピ】ハンバーグ その2

2017年 6月 14日
テーマ:【腎臓食のコツ】, 腎臓食 低たんぱく質, 腎臓食 肉・魚

管理栄養士の菜々子です。

腎臓病食には、ひき肉料理がおススメです。
脂身が多くて、たんぱく質が少なめだからです。

ひき肉料理の中で、代表的なのが「ハンバーグ」でしょう☆

見た目は普通のハンバーグで、
低たんぱくになる裏技を使って、
美味しくいただきましょう♪

〈材料〉(2人分)
・合ひき肉・・・・・40g
・塩・・・・・ひとつまみ
・こしょう・・・・・少々
・キャベツ・・・・・40g
・片栗粉・・・・・大さじ1
・油・・・・・・・大さじ1
・ソース・・・・・大さじ2
・ケチャップ・・・大さじ2

〈作り方〉
①キャベツはみじん切りにして、サッとゆでる(カリウム対策)
②ボールにひき肉と塩・こしょうを入れ、粘りが出るまで良よく練る。
③キャベツの水気をよく切り、②に混ぜる。
④4等分して、空気を抜きながら、小判型にする。(手にサラダ油をつけるとやりやすい)
⑤油をしいたフライパンで、両面焼く。
⑥ハンバーグを皿に盛る。
⑦そのままのフライパンにケチャップとソースを入れて、ひと煮立ちさせる。
⑧ハンバーグにサッとかける。

〈ポイント〉
カリウム対策→キャベツはみじん切りにして、水にさらす。
低たんぱく質→つなぎにパン粉+牛乳を普通は使うが、たんぱく質があるので、片栗粉で代用する。
低たんぱく質→つなぎの卵も使わない。無くてもまとまります。
ボリュームアップ→肉と同量のキャベツを混ぜる。

〈栄養量〉(1人分)
エネルギー:138kcal
タンパク質:8.2g
カリウム:242mg
塩分:0.7g

普通のハンバーグよりは固めになりますが、ボリュームアップしているので、多めに食べられます。
小さめに作ると、お弁当おかずにいいですね。

お試しくださいませ。

 
メニュー・お問い合わせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

プロフィール

自己紹介:こんにちは、 管理栄養士の菜々子です。 【プロフィール】 特別養護老人ホームと総合病院の管...